台風19号(ハギビス)災害応急復旧作業

増水した水流にえぐられ、剥き出しになった埋設管・ガードレール

​ビニールシートで応急復旧。土のうを作成し、崩落個所などに設置。

2019年(令和元年)10月12日に日本に上陸した台風19号(ハギビス)は全国各地に甚大な被害を出し、東北地方などでも記録的な大雨となり、   土砂災害や河川の氾濫による引き起こしたことは、未だに記憶に新しく、現在も災害復旧工事が行われております。

被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、現在も復興に尽力されている皆様には安全に留意されご活躍されることをお祈りいたします。

復旧作業の中で、弊社としてできることをやらせて頂いた結果、有難いことに東北地方整備局様より感謝状を頂戴致しました。

ニュース等での報道よりも、実際の現地では思った以上に被害が大きく、そして自然災害の恐ろしさを目の当たりにしました。

日頃の教育であったり、災害を想定した訓練等は行っておりますが、今後も継続してこういった活動に役立てるよう、尽力していきたい所存です。
 

Morioka|Iwate| doukai TEL 019-656-1860   FAX  019-656-1861